Kさんの矯正日記_20150204

年単位で月日がかかってしまう歯科矯正。

それはしょうがないことだとわかっていても、

1日でも早く終わらせたいですよね。

では、早く終わらせるためには、どうしたらいいのでしょうか。


1つ目のポイントが、“つまずかないこと”です。

最大のつまずきは、やはり虫歯。

幸い、私は矯正中に虫歯になったことがないので

詳しいことは書けないのですが、

歯医者さんいわく、

器具があると、虫歯が削れないため、

1度、器具を外してもらってから虫歯の処置に入り、

型を取って、詰め物をしてと、1ヶ月程度はかかるそうです。

とはいえ、これは軽いタイプの虫歯の例。

重症化していたり、何本にも及ぶ虫歯であれば、

これ以上の日数がかかるのは、想像に難くありません。

だからこそ、やっぱり歯磨きは大切、となるわけです。

眠いとき、疲れているときなどは、おざなりになりがちですが、

1日でも早く終わらせるために、

・新しい歯ブラシを買う
・歯磨き粉を何種類も揃える
・歯間ブラシ、フロス等、ケアアイテムを充実させる

といったことで、モチベーションをアップさせましょう!!

今日はどの歯磨き粉にしようかなぁと、単純なことですが、

足はきちんと洗面所に向かうので、

特に歯磨き粉を揃えるのはオススメです。


また、ケアアイテムで注意すべき点がひとつ。

それは、あまりストックしないこと。

とりわけ、SS~LLといった具合に、

サイズわけされているアイテム(歯間ブラシに多い)は注意が必要です。

というのも、歯が動くため、サイズの変動が激しいから。

安いときに買いだめをしたくなりがちですが、無駄になることが多いので、

サイズがあるアイテムだけは、なくなる頃に買う。

私はこの安売りで買いまくり、合わない歯間ブラシがどっさり。

私みたいにならないよう、ストックはできるだけ避けましょう。


そして、2つ目が“矢野先生の言うことを聞く”です。

矯正も仕上げの段階に入ると、

小さい輪ゴムを上下にかけたり等、

見慣れぬアイテムが登場してくることも。

その際、言われた使い方を守らないと、

終わる時期が遅くなるだけでなく、

せっかく揃ってきたのに、悪くなってしまうこともあるそうです。

最後の最後で足止めは、予想以上に大ダメージをくらうので、

矢野先生が言われたことを徹底的に守りましょう。


がんばれ、私!!

自らを励まして、矯正ライフを乗り切りましょう。

そうそう、楽しみながらを忘れずに!!


矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

| ホーム |


 ホーム