スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの矯正日記_20140707

歯みがきは大変だし、食べ物はよくつまるし、

いきなり知覚過敏になることも、フックに頬の内側がひっかかることもありと、

何かと大変な歯科矯正。


でも、大変だなぁ~と、暗くなるよりは、

少しでも楽しく過ごすほうが、やはりいいですよね。


そこで、過去の話と重なる部分もありますが、

私なりに、歯科矯正の日々を楽しくする方法を記していきます


その1:新しい歯ブラシや歯磨き粉、歯間ブラシなどを買う

特に新しいものが好きなかたには、最適な方法だと思います。

ただ、矯正用の歯ブラシに関していえば、

早々、画期的な新商品は発売されないので、

歯磨き粉やフロス、歯間ブラシをチェックしましょう。

なかでも、歯磨き粉は、「チョコミント味!?」と驚かされるテイストのものから、

「この成分、歯に必要なの?」と首を傾げたくなるものまで、

大きい店には、様々なタイプが置いてあります。

ある意味、買うとなると、“賭け”的な面も大きいのですが、

やはり、新しい歯みがき粉やグッズは、矯正が楽しくなる手軽なアイテムです。


その2:矯正装置を気にしないで、モリモリ食べる

とはいえ、ごはんやコーンフレーク、とうもろこしなど、

詰まりやすいものをモリモリでは、やはりストレスになるため、

歯や装置の隙間に詰まりづらそうなものを食べましょう。

例えば、甘いものが好きな人であればケーキ。

とはいえ、サクサク系や土台しっかり系は、

薄い衣が装置と歯の隙間に詰まりやすいので、

舌と上あごだけで砕けます!! そのようなケーキをチョイスしましょう。

効果持続度は微妙ですが、やはり楽しいし、

装置を付けていても意外と食べれるんだ、と新たな発見も多いです。


その3:矯正していることを友人と家族に言う

えっ!? なんでわざわざ?

そう思うかもしれませんが、

施術後、「ちょっと見て~」と、ニカッと見せれば、

「きれいになったね~」「こんなに動くもんなんだね~」

このような正直な感想に、“そうでしょ~”とテンションが上がり、

やっぱり矯正をやってよかったなぁ、と再確認できます。

また、(3、4歳児くらいの)子どもに見せると、

想像もつかない答えが返ってきて楽しいですよ。

最近では、「ロボットなの?」と聞かれたので、

ロボットの真似をしたら、子ども大笑い。

これも、矯正やっていてよかったと思った瞬間でした。


その4:一般歯科へクリーニングに行く

これはもう単純な話、綺麗になるからスッキリ!!

しかも、綺麗になると、歯磨きも丁寧になり、

着色や歯垢も気にかけと、いいことづくし。

綺麗にするだけで、心も会話も弾むんですから、不思議なものです。


皆さんも、それぞれに合った方法を見つけ、

ぜひ楽しい矯正ライフを送ってくださいね!!


矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

<< Kさんの矯正日記_20140822 | ホーム | Kさんの矯正日記_20140527 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。