FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの矯正日記_20141020

歯科矯正も長くなると微調整の段階に入ってくるため、

見た目的に変化が感じにくくなっていることでしょう。

また、フックやワイヤー等、装置に慣れていることもあって、

動かない、違和感がないで、

歯への興味が遠のく要因のひとつに。

それは、歯磨き不足へと繋がることにもなりかねません。


なぜそんなことを言うのかというと、

実は、私がそんな1人だったから。

当初は、染め出しを使って、毎晩、歯垢を確認していたのですが、

歯と歯の隙間が埋まってくると、

2日に1回、3日に1回、1週間に1回となり、

徐々に染め出しの回数は減少。

気付けば、歯磨きはおざなりになっていました。


その結果が、歯のクリーニングで発見された、

このまま放っておけば、虫歯になりますよ~という、

若干の脱灰が起こった、初期虫歯!!!

脱灰? 初期虫歯? 言われても、ピンとこないかもしれません。

例えていうなら、生米を水に浸けておくと、

一部だけやけに白っぽくなってしまう、

そんな白っぽい状態が、自分の歯で見られてしまうわけです。


もちろん、この初期虫歯を放っておくと、

本格的な虫歯へと移行し、治療が必要となってきます。

でも、この初期の初期虫歯なら、自力で治療可能!!


では、どうすればいいのかというと、

個人で対処できるのは、歯磨きのみ!!

そのとき、大切になるのが歯磨き粉です。

ポイントは、フッ素配合であること。

また、“初期虫歯を再石灰”“再石灰化を促進”等、

歯磨き粉のパッケージに、“再石灰化”と書かれているものには、

大抵、フッ素が配合されています。

フッ素か再石灰化のどちらかが記載されている歯磨き粉で、

しっかりとブラッシングをしてあげましょう。


きちんと磨けていれば、

約20日前後で軽い初期虫歯は修復されると、

歯磨き粉のメーカーのホームページ等に明記されています。


私は、20日以上かかってしまいましたが、

きちんと磨いたことで、徐々に脱灰の着色は薄くなり、

歯磨きの大切さも痛感できました。


歯の動きに満足できなくなった人は、

歯の隙間等をじっと眺めてみてください。

もしかすると、初期虫歯が潜んでいる可能性も。


だからこそ、毎日の歯磨きを大切にしてください。

初期虫歯、まったく痛くはないですが、本当に面倒で厄介ですよ!!


矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

<< Kさんの矯正日記_20141202 | ホーム | Kさんの矯正日記_20140924 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。