スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの矯正日記_20150627

歯科矯正を始めて、2年と2ヶ月。

やっと(?) 装置が外れることとなりました。

そこで、今回はちょっとこれまでを振り返ってみたいと思います。


もちろん、歯を動かし始めたのは2年2ヶ月前なのですが、

その半年ほど前から、矯正をするかどうか悩み出し、

実際にカウンセリングの予約をし出したのが、秋も終わりのころ。

その際、矢野先生のところを含め、3軒ほど回ったでしょうか。

以前、書いたと思うのですが、

選ぶ際のポイントは、子どもだと思っています。

歯磨き、やりたくなーい。痛いの、イヤだ~。

そんな子どもたちが毎月通え、

チェックの厳しい母親がOKを出しているんですから、

子どもがたくさんいれば、ほぼ間違いない。いい矯正歯科病院です。

カウンセリング時。待合室に子どもがいなければ、

「ここは子どもも多いんですか?」と、聞いてみてください。

ちなみに、矢野先生のところは、

親子二代に渡ってという患者さんも、多いそうです。


そして、矢野先生のところで始める!!

と決めた私は、レントゲンやら歯の型取りやら、

色々な検査を受け、年明けから矯正スタート。

正直、2年強前となると、

ほとんどがあやふやなのですが(よかった~、ブログに書いておいて)、

奥のみブラケット装着→4本抜歯→ワイヤーで締める→締める→締める→(以下同)

と、このような感じで進んでいきました。

このときは、とにかく痛くて、口内炎もバシバシでき、

ロキソニン(頭痛薬)とケナログ(口内炎の治療薬)が欠かせませんでした。

ちなみに、ケナログは、一般歯科で処方せんを貰えば、

ドラッグストアの半額程度の値段で購入できます。

歯のクリーニングの際に、

先生に「ケナログを処方してください」と、話をするのがベストです。


それから約9か月後、すべての歯にフックが装着され、

矯正、ガンガン行きますよー状態に。

ただ、このころになると、

さすがにフックには慣れ、痛みにも若干慣れと、

すさまじい適応能力を見せてくれます、口が(笑)。

とはいえ、装置がすべての歯に付いたときは、

さすがに、痛さが強烈だったため、

バナナやシュークリーム、プリンにチョコレートと、

デブまっしぐらな食生活を送っていましたが、

いやぁ~、適応能力って恐ろしい、

2週間もしないうちに普通の食生活に戻り、

痩せなかったな~(←当たり前!!)と、嘆くわけです。

その後は、先生に毎月、ガンガン動かしてもらい、

私は、ガンガン、歯ブラシや歯磨き粉を買いと、

虫歯予防に務めました。

その甲斐あって、虫歯にはなりませでしたが、

家には歯ブラシと歯磨き粉がごーろごろ。

現在は、歯茎の美容液、歯茎が下がらないための歯磨き粉、

ホワイトニング系の歯磨き粉(研磨材なし)、フッ素多めのジェル歯磨き粉、

ジェルタイプのオーガニック系歯磨き粉、

と、5種類の歯磨き粉を使い、そこにマウスウォッシュをプラス。

使わなかった歯磨き粉は……その所在は聞いてはいけません(笑)。


このように、2年2ヶ月を過ごしたわけですが、

今から矯正を始めてようかと考えているなら、

絶対に早く始めたほうがいいです。

歯がよく動くかどうかは、さほど年齢に関係ないそうなのですが、

こちらは切実。だって、歳を重ねるほど、腰が重たくなってしまうから。

外に出るのが面倒なだけならまだしも、

やれ膝が痛いだの、腰が痛いだの、億劫ですよ~、動くのが。

なので、なるべく矯正は若いうちに。


また、不安は当然あることと思います。

そんなときは、先生にぶつけてみましょう。

いい解決策を提案してくださるはずです。

それに、「痛い、痛い」と、よく口にしていた私は、

結局、なーんにも当時の痛みを覚えていないんです。

あんなにもがいていたのに、今ぶつけた、足の小指のほうが痛いのです!!!

だから、痛みは心配しなくて大丈夫。思い立ったが吉日ですよ!!!


矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

<< Kさんの矯正日記_20150728 | ホーム | Kさんの矯正日記_20150601 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。