FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの矯正日記_20130801

歯科矯正をやる!

そう決断された方が次に通る道は、詳細な検査です。

若干、お金はかかってしまいますが、この検査を避けることはできません。

というのも、歯の型取りにレントゲン撮影、口の開き具合、顎関節の状態など、

様々なことを調べ、そこから導き出された結果を踏まえて、

その人に合った治療方針が決定されるから。

また、一般歯科ではやらない検査も多いため、その結果に驚かされることも多いでしょう。

何を隠そう、私もそんな1人だったのです。

元々、顎が細く、口があまり大きくなかった私は、

そのせいで歯並びが悪いと考えていたのですが、

前述の検査から発覚した事実は、人より歯の1つ1つが大きいということ。

あら~、口ではなくて歯!

目から鱗の事実に、主人を始め、多くの人に

「歯が平均より大きいんだよ、私」

と、にかっと歯を見せながら、微妙に得意気に話したのは、言うまでもありません。

このような何かしらの驚きがあるため、やはり、検査は面白い!!

絶対に受けなければいけないのですが、受けて損はありません。

その後、決定した私の治療方針は、歯を4本抜くこと。

歯を抜いたほうが綺麗にできるでしょう、と前もって矢野先生から伺っていたため、

歯を抜くことが決定しても、やっぱり抜くんですね、と冷静そのもの。

でも、その冷静さはすぐに失われることとなりました。

原因は、抜歯前に歯に装着した矯正専用の器具“ブラケット”。

最初に下の歯、次に上の歯と、2週に渡って計16本の歯に装着したのですが、

何もなかった部分に、突如として出っ張りが現れたため、

口のなかの異物感が全開!

ついつい舌で触っては、舌を傷つけて口内炎になり、

ブラケットのフックで頬の内側の肉をひっかけと、

まぁ~、口のなかが散々な状態に。

とはいえ、抜歯での歯科矯正をされる方は、すぐに気にならなくなります。

そう、この時期の歯科矯正で最大のイベントとも言える、“抜歯”の日がやって来るのです。

ガクガク、ブルブルの抜歯。

その模様は、今度、お伝えしたいと思います。



 矢野矯正歯科クリニック
 http://yanokyosei.jp/

<< Kさんの矯正日記_20130826 | ホーム | Kさんの矯正日記_20130729 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。