スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの矯正日記_20130826

矯正歯科治療のはじめの最大のイベント、抜歯。

親知らずを抜いたことがある方は、

抜歯への不安や恐怖はないかもしれないのですが、

私、何を隠そう、歯を抜くのは乳歯以来。

しかも、ある意味、強制的に。

そのため、矢野先生から

外科の腕が確かな歯医者さんを紹介してもらい、

まったく問題がないのを熟知しているにもかかわらず、

ドキドキは収まることなく、どんよりした表情のまま病院へ。

抜歯というと、ペンチで歯をぐっと挟み込み、

おりゃーっ!! と力任せに抜くという、

コメディアニメのようなイメージしかなかったので、

かなりの時間がかかり、とんでもなく痛いのだろうと、

勝手な想像で恐怖におののいていたのですが、

私の歯のレントゲン写真を見た先生は、

「すぐに終わりますよ」

と、意外な一言を発し、

事実、麻酔が効くまでに数分はかかるものの、

上下2本の抜歯は、3分程度で終了。

「来週、残りの2本を抜きましょうね」

なんと、痛みはゼロ。30分程度で病院を後にできたのです。

翌週、残りの2本を抜き、

順調そのもので矯正治療に入れる――はずが、

麻酔が切れた瞬間、前回よりも抜いた歯自体が大きかったため、

しゃべれないほどの痛みが私を襲い、

改めて、2週で4本抜歯の威力を思い知らされました。

私のように、とにかく早く矯正を始めたいからと、

2本ずつ抜き、2週で抜歯を終わらせるパターンもあれば、

痛いのはちょっと……と、

1本ずつ抜き、1ヵ月かけて抜歯をするパターンもありと、

ご自身の性格を踏まえた上で、まずは矢野先生に相談してみてください。

最善の答えが得られるはずです。

個人的には、のたうち回った抜歯後の痛み、

今では、きれいさっぱり忘れているので、

ちゃっちゃと終わらせてしまうほうが、

気分的にラクではないかな? なんて思います。


 矢野矯正歯科クリニック
 http://yanokyosei.jp/

<< Kさんの矯正日記_20130917 | ホーム | Kさんの矯正日記_20130801 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。