FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kさんの矯正日記_20150428

歯科矯正とは、切っても切り離せない歯磨き。

特に矯正時は磨き残しが多く、虫歯になりやすいため、

いつも以上に、丁寧に磨く必要があります。

かくいう私も、歯磨き粉の成分や歯ブラシの形状にこだわり、

歯間ブラシを駆使しと、虫歯にならないよう、

眠い目をこすりながら、夜を重点的に磨いてきました。

その甲斐あって、虫歯にはならず、

順調に矯正は進んでいるのですが、思わぬ落とし穴があったのです。


その落とし穴とは、なんと歯茎。

食べかすが詰まっている際、

私はピック型のフロスを使って取ることが多く、

ガシガシ歯茎にフロスを当てていました。

すると、その積み重ねにより、いつの間にか歯茎が下がり、

気付けば、歯のつけ根の部分に隙間が!!

すきっ歯とまではいかないものの、

歯の上部分はひっつき、下の部分だけ隙間。

これ、意外と目立つのです。


さらに、下がってしまった歯茎は、なかなか戻らず、

マッサージ等を続けても、元通りは厳しいとのこと。

それでも諦めきれない私は、

歯茎の美容液と明記された歯磨き粉を使い、

歯茎マッサージを歯磨きのシメに行っているのですが、

1ヶ月近く経った現在、まったく変わりなし。

歯の隙間は空いたままです。


だから皆さん、前歯を掃除する際、ピック型のフロスは厳禁。

食べかすが詰まったら、

歯間ブラシや、歯ブラシの毛先で、そっと押し出してあげてください。

また、矢野先生いわく、

「奥歯はフロスを使用してもいい」とのこと。


ちなみに、隙間を埋める“ダイレクトボンディング”と呼ばれる治療は、

1本5万円以上という高額ぶり。

ちょっと掃除しただけなのに!! と、私は後悔しきりです。

というわけで、お手軽なピック型フロス、

前歯への使用は本当に気を付けてくださいね。

厳禁です、厳禁!!


矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

Kさんの矯正日記_20150320

矯正中の歯磨きを面倒くさいと思ったこと、

1度や2度くらいは、あるのではないでしょうか。

眠たいとき、疲れているとき、遅く帰ってきたとき、病気のときなど、

まぁ、面倒くさい日の多いこと(笑)。


全体を入念に歯磨きするのは、素晴らしいと思いますが、

そればっかりでは、疲れるし、息がつまってしまいませんか?

歯磨きに燃え尽きて虫歯では、

今までの頑張りが水の泡。悔しすぎます。

そこで、気にかけたいのが、

歯垢がたまりやすいポイントです。

歯が動いているため、いつもより隙間が多くなっている矯正中の歯は、

ある意味、歯垢が溜まり放題。

なかでも、ちょっとした隙間や、食べかすが詰まりやすい場所、

フックやクロスが入りづらい場所等、

溜まりやすいポイントというのが、必ずあります。

そこを重点的に磨き、あとは軽めにと、

メリハリをつけてやることで、時間的には大差がなくても、

気持ちよく歯磨きを終われるでしょう。


では、この歯垢が溜まりやすい場所を、どう把握すればいいのか。

一番は、染め出し液を使うことです。

この染め出し液とは、歯に塗布すると、歯垢の付着部の色が変わり、

“歯垢があるよ~”と、教えてくれる便利なものなのですが、

舌や唇までもが、ショッキングピンクやら、紫やら、ビックリの色に染まってしまいます。

もちろん、歯垢と違って、舌の色は、すぐには落ちません。

さらに、矯正のゴムがよく染まるのです。

矢野先生のところに行く前などは、思い切ってできるでしょうか、

ゴムの交換は約1か月先……二の足を踏むのは当然です。


そんなときに役立つのが、

ジェルタイプや液体タイプではない、普通の歯磨き粉です。

これを、歯ブラシにたっぷりつけ、

歯をざーっと軽く、全体的に磨く(←本気で適当に!!)。

そして、口の中のものを捨てたら、ニカッと笑ってみてください。

多く歯磨き粉が残っている部分があると思います。

そこが、歯垢の溜まりやすい場所。そこを丁寧に磨いてあげましょう。

これで、染め出し液がなくても、ある程度の歯垢の場所は確認できます。

きちんと把握したい場合は、染め出し液を使ってみてください。

意外と楽しいですよ。

矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

Kさんの矯正日記_20150204

年単位で月日がかかってしまう歯科矯正。

それはしょうがないことだとわかっていても、

1日でも早く終わらせたいですよね。

では、早く終わらせるためには、どうしたらいいのでしょうか。


1つ目のポイントが、“つまずかないこと”です。

最大のつまずきは、やはり虫歯。

幸い、私は矯正中に虫歯になったことがないので

詳しいことは書けないのですが、

歯医者さんいわく、

器具があると、虫歯が削れないため、

1度、器具を外してもらってから虫歯の処置に入り、

型を取って、詰め物をしてと、1ヶ月程度はかかるそうです。

とはいえ、これは軽いタイプの虫歯の例。

重症化していたり、何本にも及ぶ虫歯であれば、

これ以上の日数がかかるのは、想像に難くありません。

だからこそ、やっぱり歯磨きは大切、となるわけです。

眠いとき、疲れているときなどは、おざなりになりがちですが、

1日でも早く終わらせるために、

・新しい歯ブラシを買う
・歯磨き粉を何種類も揃える
・歯間ブラシ、フロス等、ケアアイテムを充実させる

といったことで、モチベーションをアップさせましょう!!

今日はどの歯磨き粉にしようかなぁと、単純なことですが、

足はきちんと洗面所に向かうので、

特に歯磨き粉を揃えるのはオススメです。


また、ケアアイテムで注意すべき点がひとつ。

それは、あまりストックしないこと。

とりわけ、SS~LLといった具合に、

サイズわけされているアイテム(歯間ブラシに多い)は注意が必要です。

というのも、歯が動くため、サイズの変動が激しいから。

安いときに買いだめをしたくなりがちですが、無駄になることが多いので、

サイズがあるアイテムだけは、なくなる頃に買う。

私はこの安売りで買いまくり、合わない歯間ブラシがどっさり。

私みたいにならないよう、ストックはできるだけ避けましょう。


そして、2つ目が“矢野先生の言うことを聞く”です。

矯正も仕上げの段階に入ると、

小さい輪ゴムを上下にかけたり等、

見慣れぬアイテムが登場してくることも。

その際、言われた使い方を守らないと、

終わる時期が遅くなるだけでなく、

せっかく揃ってきたのに、悪くなってしまうこともあるそうです。

最後の最後で足止めは、予想以上に大ダメージをくらうので、

矢野先生が言われたことを徹底的に守りましょう。


がんばれ、私!!

自らを励まして、矯正ライフを乗り切りましょう。

そうそう、楽しみながらを忘れずに!!


矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

Kさんの矯正日記_20150106

“歯科矯正といえばタフトブラシ。

タフトブラシといえば歯科矯正“

ちょっと言い過ぎかもしれませんが、

タフトブラシと歯科矯正は切っても切り離せない関係、と言えるでしょう。

というのも、「矯正用の歯ブラシは置いてありますか?」

と、歯医者さんやお店で尋ねてみると、

十中八九、タフトブラシをすすめられるから。


でも、このタフトブラシ、意外と使いづらくありませんか?

特に私は不器用だからかもしれないのですが、

タフトブラシの側面を使って、歯と歯の隙間を磨いて…等々、

色々と使い方を歯医者さんなどで教わるものの、

いざ家でやってみようとすると、まったく上手くいかないのです。

そこで私は、タフトブラシを諦め、

電動歯ブラシ“ブラウンオーラルB”の歯間用ブラシで、

歯の裏側や側面、針金と歯の隙間等を磨くことにしました。

個人的に、この選択は大成功!!

ヘッドが勝手に回転してくれるので、私はブラシをずらせばいいだけ。

歯磨きの苦痛が解放されたのは、言うまでもありません。

ただ、普通の人よりもハードな使い方になるため、毛先の開きが相当早く、

例えば、アマゾンで同ブラシを見ると、

3ヶ月に1回の交換が推奨されていますが、そんなにもつはずがなく、

1ヶ月に1~2本は使用することに。

さらに、この歯間用ブラシは3本パックというようなお得セットがないので、

地味にお金がかかってしまうのです。

ラクだし、便利だし、手放す気はないけれど、

なんだかなぁ~、と思っていたときに、

矢野矯正歯科のクリーニングで、あのタフトブラシが登場!!

その際の使い方に驚かされたのです。


タフトブラシは、側面や毛先を歯に当て、小刻みに動かしながら磨く。

これが一般的な使用方法だと思います。

ですが、矯正の場合、磨くというよりも“揺らす”。

えっ?? と思いますよね。

やり方は、こうです。

① 鉛筆持ちでタフトブラシをにぎる。その際、上の歯を磨く場合はブラシの毛先を下に向けて持ち、下の歯を磨く場合は、ブラシの毛先を上に向ける。

② 歯と針金の隙間に、入るだけブラシをいれる

③ 左右に3~4回揺らす

④ ②~③を、すべての歯と針金を隙間で行う


これで、虫歯ができやすい隙間の部分は、キレイに磨けるでしょう。

また、毛先が固いので、耐久性は抜群!!


とはいえ、当然のことながら、タフトブラシだけでの歯磨きは難しいので、

色々と使い分ける必要があります。

ちょっと面倒ですが、

虫歯のほうが面倒、虫歯のほうが面倒……と、

自分に言い聞かせつつ、頑張ってください。


ちなみに、私はタフトブラシも使い始めたことで、

オーラルBの歯間用ブラシは月に1本の使用となり、

浮いたお金で様々なオーラルケアグッズを購入し、

楽しい歯みがきライフを送っています。

歯磨きをマンネリ化させない。

これ、意外と大切だと思います。

矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

Kさんの矯正日記_20141202

矯正を始めたばかりのころは、

何か食べたあとは、きちんと歯磨きするなど、

丁寧なケアを心がけていたと思います。

それが、1ヶ月経ち、半年経ち、1年を過ぎてくると、

口内の装置は、存在して当たり前のものと化し、

さらに、抜いた歯の隙間がうまり、歯並びも綺麗になってくると、

もはや、歯磨きは完全なルーティンワーク。

どうやって磨こうか思考錯誤することも、

磨きにくさを感じることも、あまりないのではないでしょうか。

しょうがないですよね、矯正に慣れてしまったんですもの。


でも、そんなときこそ注意が必要です。

なぜなら、そんなときに、私は初期虫歯になってしまったから。

この初期虫歯、痛くも何ともなく、

歯にあまり目立たないシミができたかな? と、その程度。

また、一般歯科の歯医者さんも、

「矯正が終わってから、治療するかどうするか決めましょうか」

そのようなレベルで、深刻さは伝わってきません。

しかし、放置すれば本格的な虫歯へ移行してしまいます。

この現状で食い止めなくては!!

そう、歯を磨くしかないのです。


とはいえ、矯正初期のようなモチベーションに戻ることは、正直、難しい。

“ぜったい丁寧に磨くぞ!!”

決心から1日、2日は大丈夫でも、気付けば、元の木阿弥なんてことも。

そんな状況を打破するのにオススメなのが、


1. アイテムを交換する
   これは、否応なしにテンションが上がります。
   特に、電動歯ブラシ等、値の張る物を交換すると、
   使い方や磨き方などを調べているうち、歯を磨きたくなり、
   結果、がんばりに繋がります。
   手っ取り早い方法では、この“交換”効果は大です。

2. 先生に今後の矯正の予定を聞く
   あとどのくらいで終わるのかを知ると、
   気分は既にラストスパートとなり、
   ここで止まってなるものかと、がんばれます。

3. 褒めてくれる人を見つける
   えっ? と思うかもしれませんが、
   がんばっていない自分を褒められると、
   バツの悪さを感じるのか、どうにも居心地が悪いのか、
   きちんと磨くようになりやすいです。
   怒られて嫌々よりは、褒められて磨いたほうが、
   ストレスもたまらず、みんなが平和。
   褒め上手な人にお願いしましょう。

モチベーションが上がったら、あとはガシガシ磨くのみ!

また、人間は何かをしようと思った際、20秒以上かかると、

どれだけ良い行為でも、習慣化することは難しいそうです。

つまり、自分の定位置からすぐ手に取れる場所に、

手鏡やデンタルピック、歯間ブラシなどを置いておくことが、

習慣化させるうえで、重要なポイントとなるのです。

どれもこれもちょっとしたことですが、意外とその効果は大。

モチベーションが上がり、ぐんと歯磨きがラクになりますよ。

矢野矯正歯科クリニック
http://yanokyosei.jp/

| ホーム |


前のページ «  ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。